STUDY IS MONEY

高二範囲を小問形式化

【世界史】 No.7 大航海時代

大航海時代

大航海時代 背景」

・需要品            香辛料
・↳従来の輸送法       東方貿易
・↳概要           地中海経由ルート byムスリム・イタリア商人 値段が  暴騰
・アジア関心 著作       東方見聞録 byマルコ=ポーロ
・技術×2          羅針盤 造船・航海技術
・その他             中央集権化 ➡国王からの援助
 

「新航路」

・新航路×2 国         東回り航路 byポルトガル 西回り航路 byスペイン
・↳前者 開拓者 到達点      喜望峰 byバルトロメウ=ディアス 1
                カリカット inインド byヴァスコ=ダ=ガマ 3
・↳新貿易          アジア貿易 mainインド
・↳繁栄都市                       首都リスボン

・↳後者 開拓者 到達点     サンサルバドル島 byコロンブス 2

               世界一周 byマゼラン一行 4

・↳進出国×2           フィリピン ラテンアメリカ

・↳影響             ヨーロッパに大量の銀

 

「スペインの侵略」

 ・支配国×2        コルテス➡アステカ帝国 isメキシコ
              ピサロ ➡インカ帝国  isペルー
・↳悪影響×3          強制労働 in銀山
              伝染病 fromヨーロッパ
              カトリック信仰強制
・↳非難者           ラス=カサス(聖職者)
 

「新航路 影響」

・革命×2            商業革命 中心地が地中海➡大西洋
                価格革命 大量銀➡物価高騰➡封建領主衰退➡中央集権化

 
宗教改革

・背景×2          神聖ローマ帝国is独 の政治分裂→皇帝賛否
                 ローマ=カトリックの腐敗→贖宥状(しょくゆう)=免符         ・開拓者×3 概要         ルターin独 信仰義認説→内面的な信仰で救済
                 カルヴァンinスイス 職業は神が与えた使命→蓄財ok
                 ヘンリ8世in英 首長法→英国王を頂点 イギリス国教会

 

宗教改革 影響」

・独 対立激化 原因       ドイツ農民戦争
・協議              アウクスブルクの宗教和議
・↳概要            諸侯にカトリックorルター派の選択権
                 カルヴァン派 信仰の自由は認められず                   宗教改革激化          対抗宗教改革
カトリック復権布教団体     イエズス会 byイグナティウス・ロヨラ
カトリック 会議        トリエント公会議教皇カトリックの正当性を確認